プロフィール


大島さんって何屋さん?ってきかれたことがあります。建具屋さんっていうほど、建具がなんでもできるわけでないし、家具屋というほど、こだわりもなく。もっと幅広くという思いから、アトリエ有とつけました。新しいスタートをきるお手伝いができれば、幸いです。

 

いまあるものを生かしたり、ある材料をめいいっぱい使ったり、とお料理で言ったら、だしをとった昆布で佃煮みたいなアイデアが得意。

 

ものを大事につかう。捨てずになにかに生かすをこころがけています。

 

その現場で使えなくてもほかの現場で生かせたとき、とても幸せを感じます。

過去の記事はこちらのアメブロにて


今までの作品づくりや日々のことはアメブロでわかります。過去のアトリエ有の日々の活動の様子を、こちらのブログ(アメブロ)をクイックして是非お読みください。

 


経歴

1967年生まれ

埼玉県北本市出身

現在はさいたま市北区在住

工房は埼玉県比企郡ときがわ町

 

自宅をハーフビルドでリフォームしたのをきっかけに、木工職人になる

2012年「アトリエ有」設立

 

自分の工房を持つまでは建具職人のもと修行

来る日も来る日も仕事を覚えるのに必死で習う

 

一男一女の母でもある

第一子出産後「保育士」の国家試験に挑戦

一年目に6科目、二年後に2科目、合計8科目合格

その間に第二子出産

 

2002年くらいから自分の作品をギャラリーやイベントに出品

当時は布小物が中心

 

木工職人になってオリジナルの家具や建具をつくるベースは、小さいころからの手作りの趣味がこうじてる

また学生時代は家政科で3年間ありとあらゆることを学んだ

 

「人生に無駄はない」まさに私への言葉。。。w

 

工房

工房の機械を少しづつ紹介していきます。女性では珍しいみたいで驚かれます。もう夜逃げもできない荷物です。。。ww

片付けても片付けても埃だらけだし、ゴミだらけ。。。せっかく綺麗にしてもちょっとなんか作ればまたゴミだらけ。。。

しかも納期に追われると掃除なんか後回し。

この画像のフェルダーのテーブルソーはオーストリア製。ネットで、散々調べ、代理店に見に行って購入を決めた。

代理店で、女性初の購入者と言われた。

工房に来たことがある人は、まず驚く。みんなもっと素人に毛が生えたくらいの工房だと思ってくるからだ。

「大島さん、くやしくないですか?みんなこんなすごい設備で仕事しているなんて、思っていないですよ。」って。

「いいじゃないwどう思われたって。すごいと思っていたらショボかったっていうより。」そう笑った。

 

これはプレス機。四八まで貼れる。

これはドイツ製のフェスツールというメーカーのドミノっていう機械。木材を繋げるのに使う。ほかにもフェスツールの機械があるので、おいおい紹介する。