家具の納まり

この画像の吊戸棚の戸はボックスよりわざと下を伸ばして作ってあります。

指がかかればオッケイなので、ボックスの下端より10ミリくらいでしょうか。。。

そうしたら、つまみやハンドルをつけなくても、戸が開くし、見かけスッキリです。

同じようなつまみやハンドルをつけない納まりは、マグネットラッチをつけるパターンです。

押すと開く戸です。

これの難点は、どうしても押すところが汚れるところです。

で、吊戸棚の下のガラス戸の納まりは、吊戸棚より引っ込めることで、綺麗に見せてます。

 

こうやって納まりを考えて作り、それが実際出来上がって綺麗に納まるとほっとします。