見積りの金額

システムキッチンの見積りをだしています。メーカーの見積りは実に様々。。。

取引先の建材屋さんから見積りをとってますが、メーカーやモデルによって掛け率も様々。。。

 

よく見積りに品番が買いてあって、50%オフって書いてあるけど、その仕入れの掛け率が38%だと12%と利益になるんです。

 

まあそれが商売ってものですが。。。

 

私はその辺の金額を、あえてあきらかにしないようにしています。

明朗会計で、ひとつひとつ金額をはっきりするのが、普通かもしれません。

でも、知らないほうがいいこともあるんです。

 

ケースバイケースですし、人にもよるんですが、あきらかにすると、「えーこれにこんなにかかるんだ。」とか

「えーこれならいらなかったのにー」とか。。。

でもこみこみいくらでって出してそれがどう考えても高くなく、お得感があれば、気持ちよく払えるんです。

 

いまや、ネットで金額などもすぐに調べられるので、コストパフォーマンスをアピールしなくても、

お客さんがすぐに納得してくれます。

 

いままで全部ではないですが、そうしてきました。

自分の手間や経費もあきらかにしません。

知りたいと言った時だけ教えます。

でもいままで全部でいくらでどうですか?っていうと、ちゃんと納得してくださいました。

 

金額以上の仕事や気配りをしてきたつもりです。

 

工事中にずっと在宅していただくのは結構大変なことですが、安心して留守にしてかまいませんと伝えます。

住みながらのリフォームではお客さんの負担がかからないように、気配りする必要があります。

 

女性だからわかる部分をサポートしてきました。

それが一番のサービスだと思うんで。