家具の作り方のお話

今日は家具の作り方のお話。

 

箱物を作る時、側板と底板を組みます。

その時わきからビス止めするのが、一番簡単です。

でも、プロが作る場合、ビスを隠すのが普通です。

 

ビスを隠す方法は次回書きます。

 

今回はビスを使わない方法。

そのビスを使わない方法にもいろいろあって、

今回はマキタの機械を使いました。

その名も「マキタ ジョイントカッター」です。

 

画像のように加工し、ビスケットを入れてボンドで固定させて、

組んでいきます。

 

難点はどうしてもクランプでしっかりくわえても、ずれやすいのと、

ボンドがかわくまで、次の工程にいけないことです。

 

家具の作り方の続きはまた今度。。。。。w