キッチン入れ替えのお話の続き。。。w

今回システムキッチンをお客様と決めるにあたって、色々調べた。

とっても勉強になった。

仲良くしていて尊敬している女性設計士さんに相談に行ったし、

取引先の方にも色々とご協力していただいた。

何度も何度も打ち合わせし、見積もりしなおし、比較し、検討し、

納得のいくまで話をつめた。

そのお客様のことはよく知っているので、どうしたら満足していただけるか、

わかっているつもりだ。

今最終見積もりを作成中。

これを怠って、最後の見積もりの変更箇所確認だけにしてはいけない。

ましてや、電話の指示なんかではダメだ。

トラブルは最後のつめが悪いとやって来る。

発注して、きたものが違っていたらアウトだ。

 

この時期皆さん、口をそろえて「年内に」と言う。。。w

だから、前もって日程を確保しないとだ。

自分だけならなんとでもなるが、キッチンはそうはいかない。

水道屋さんとの打ち合わせ、電気やさんへの確認、ガス屋さんとの約束、、、、、また、

解体して木工事をしてから、キッチンの組付けをし、いろんな後処理まで私と一緒に作業してくださる、

職人の手配、、、、すべてとっくにおさえた。

日程を決めて、職人を抑えるのは、この時期もしかした工事内容や商品決めより、

先にやる重要なことだ。

もう毎年のことなんで、慣れたもんだ。

年末になると、職人さんはどこも引っ張りだこ。

さて、当日までにまだまだやることいっぱい。w

キッチンを造作しなかったからと言って、職人として私がやることがないわけではないんです。

お客様とキッチンを打ち合わせする仕事は、職人としての領域をこしているかもしれません。

でも、お客様との信頼関係のもと、私にできる最大限のサービスは利害関係や利益なんてお構いなしです。w

今回解体、組付けをメーカーにお願いし、メーカーの設備やさんがすべてやるとなったら、当然日程も厳しいものになるでしょうし、費用ももっとかかるでしょう。工事日程も2日でってわけにはいきません。

今回、キッチンが使えなくなるストレスを最大減に抑えるために、土日の工事日にしました。

ご主人がお休みでいたら、外食に行くにも困りません。

また、2日で終わらすための打ち合わせや準備も念入りに。

ガスだけ今回三日目の朝一の工事になりましたが、水道が使えないのは、

解体する日と次の日の午後までだ。2日めの夜には普通に洗い物ができるはず。

ガスをつかった料理ができないだけだ。

電気製品。。。例えば、ホットプレートや電子レンジがあればできる料理もあるし、ご飯もたける。

本当に何もできないのは、1日だけだ。

もし、造作で私がキッチンを製作していたら、一日で終わらすことも夢ではない。

実際自宅キッチン入れ替えは、解体から設置まで一日で終わらせた。

 

今回のキッチン入れ替えのお話は、まだまだつづく。。。。ww