高齢化社会と女性職人

今日久しぶりに叔母の顔を見に行った。

叔母は御年88.。。w

元気だ。元気と言っても88.。。

去年と今年では全然違うと言っていた。

一年が大きいと。。。

叔母の歳まで生きたとしてまだ38年もある(笑)。

叔母に頼まれて前にテーブルを処分してあげた。

一人暮らしには大きすぎたからだ。

テーブルを処分し、ワゴンと小さめのテーブルを作ってあげた。

一人用のソファと椅子を買ってあげた。

久しぶりに行ってみると、テーブルはいい感じに経年変化をおこしていた。

やっぱり無垢はいいなあって思った。

歳をとると、家具を処分したりするのも、一苦労だ。

便利屋さんっていう職業が頼まれたりする内容かな?

一人暮らしのおばあさんのところに、女性の職人が行ったら喜ぶかもね。

需要はあると思うな。高齢化社会だし。

そういう世代はネットを利用してるケースが少ない。

SNSではない宣伝が必要だ。

チラシでも作ろうかな。。。w

来年の課題だ。