「キャスター」の耐荷重と動き

いざ、お店の什器「ワゴン」を納品する日が決まってみると、

いろいろ不安になってきました。w

一度作ると置いたまま動かしません。

また、工房の作業スペースは、脚の疲れ予防と、作品の傷防止で、

絨毯敷きになっています。

ですから、今回のワゴン、当然動かそうと思っても動き悪いです。

で、つけたキャスターも、耐荷重には問題ないからと、

在庫であるキャスターをつけました。

が、しかし。。。

毎日のお店の中から外への移動。

一日二回です。

女性ひとりで動かすのです。

スムーズにうごかなければ、だめです。

また構造上にも問題ないようにしとかないと。

普通の家具は置いたら、模様替えか、処分、引っ越しのタイミングまで、そうそう、

動かさないものですが、今回は「ワゴン」。

納品前にもう一度試行錯誤です。w

万全で納品しなければ、なりませぬ。w

なぜなら、今回のワゴン、とっても重いです。

鋳物の装飾をはめ込んだ脚二本。

天板はタイル。

重くないわけありませぬ。w

キャスターももっと大きいの買ってきました。

早く試したい。が、工房内狭くて、シャッターあけてものをださないと。。。

ものって、そう、、、バイクです。w

しかし、大雪のため、シャッター前やっと昨日雪かきしましたが、ツルツル。。

ん。。。。誰かに手伝ってもらわないと。。。

「ヘルプミー!!」